【プチプラコスメ】米ぬか美人エッセンスの使い心地レビュー

スポンサーリンク

シミとシワが気になるこの頃…

「保湿もしたいし、美白にもなりたい」と思って、何かないかな~?と探していました。

お店でテスターが置いてあって、何気に手につけてみたら、スッと染み込んで手の甲がツルツルになったんです。思わずコレだ!と思いました。そして、衝動買い・・・

米ぬか美人エッセンスを買ってみた

定価3000円程するそうなんですが、さすがに3000円だとプチプラではないですね、もうちょっと有名メーカーにしようかな?と考えてしまう値段です。

が、卸売業者さんなので1700円くらいで買うことができました。アマゾンでも2000円くらいで買うことができます。

【日本盛】米ぬか美人 美人エッセンス 40ml

新品価格
¥2,055から
(2017/12/21 17:59時点)

ビンに入っていて、プッシュ式です。見た目はちょっと古臭い感じもしますが・・・息子は「高級そう~」って言ってました(笑)

効能は?

薬用 美白美容液と言うことで、効能としてパッケージにはこう書かれています。

効能及び効果

日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ

肌を整える、肌荒れ・荒れ性

素肌整えて、ツヤある みずみずしい素肌へ!

期待しちゃって良いでしょうか?

配合成分としては、コメヌカエキス・天草抽出物(グリチルリチン酸ジカリウム)・ソウハクヒエキス・酵母エキス・日本酒・ヒアルロン酸

ソウハクヒエキスに、メラニン色素の生成を抑制するホワイトニング効果があるそうです。

ソウハクヒエキスとは、クワ科植物の根の皮を乾燥させたものから得られるエキスで、漢方薬です。

販売元が日本盛株式会社なので、日本酒が保湿成分として入っているんですね。アルコールが肌に弱い人は要注意なのかな?

製造会社はピカソ美化学研究所です。聞いたことないな~と思って調べてみましたが、昭和10年から創業の80年の歴史ある会社なんですね。化粧品の研究から商品開発販売まで独自でされているようです。有名ではないですが、頑張っている会社なのかな?って思いました。

使ってみた感想

ポンプを押すと水分多めの透明なジェルが出てきます。

こってりした感じはなくて、サラサラ~と伸びていきます。15秒くらい伸びた後、しみこんでいく感じです。化粧水感覚ですね。

ガッサガサの手に塗ったら水分がすぐに浸透して、ツルツルになりました。使い心地もサラサラで塗った後はツルツルしています。数時間たっても(手を洗ったりもしてます)ある程度ツルツル感は残っていました。

顔に塗ったら、サラッと伸びた後に手のひらで抑えるとほんの少しペタッとする感じはありました。手に塗った時ほどの感動はなかったけど、保水されてみずみずしい感じはします。

塗り心地が軽くてモチモチ肌にはなるわけではないので、どこまで保湿能力があるのかは疑問ですが…。

美白美容液なのでシミに効果あるような・・・少しシミが薄くなったような?少し肌が明るくなったような?気のせいかな?

まとめ

使い方としては、洗顔後にいきなりつけても、化粧水後につけても良いみたいです。

化粧水代わりにたっぷり米ぬか美人エッセンスをつけるか、化粧水をつけた後に米ぬか美人エッセンスをつけて、さらにクリームなどをつけて保湿をしておいたほうが良いかもしれません。フタをしないと蒸発しそう。

つけた後はしばらく肌に水分が残っていて、その後に馴染んで多少ペタッとはするけど、その後はサラサラになるので、これだけだと軽くてちょっと不安な感じ。でも、つっぱりはしません。

私はシワも気になるので、化粧水 → 米ぬか美人エッセンス → 保湿クリームで完成させます。

若い人の夏のお手入れならこれだけでも大丈夫かもしれませんね。

保湿効果~って感じではないけど、シミには効果あるかもしれない?とちょっと期待してます。軽いつけ心地も悪くないので、しばらく使ってみる価値がありです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク