創刊号「ニードルフェルトでねこあつめ」299円は裁縫のできない人でもできるのか?

創刊号「ニードルフェルトでねこあつめ」299円

CMで宣伝していて、299円って値段に心を動かされました。

実際に本屋さんでも手に取ってみたんですが、裁縫が世界一苦手な私。。。「本当にしろねこさんが出来上がるんだろうか?」

ムリだね・・・

「ニードルフェルトでねこあつめ」買ってしまった

ダンナがCMを見ながら、娘に「安いね、これ欲しい?」と聞く。何でも欲しがる娘は、そりゃ「欲しい」と即答。そして、2人で本屋に仲良く出かけて行きました。

帰ってきて、ちゃんと手に取ってよく読むとこれで299円は安い、安すぎる!

しろねこさん1匹分のアクレーヌ、ニードル、ニードル用マット(スポンジ台)、フエルトシールがついているので、他の材料は必要なし。本には、ねこあつめのお部屋の絵、ねこさんの紹介、作り方、次号の紹介などなど…見てるだけでとってもかわいいです。

ディアゴスティーニお得意の、毎号パーツを1つずつならこの値段はわかるけど、これはしろねこさんが1匹ちゃんと出来ちゃうんだもの。

ま、ちゃんと出来ればの話なんですが・・・

実はダンナ、CMちらっと見て、本屋で中身確認せずにパッと買ったから、作るキットだと思ってなかったみたい。「これ無理じゃない?作れる気がしない」と言って、そのまま半日放置してありました。

私も作り方読んだけど、不器用過ぎる私が出来るとは思えない。

ダンナが作り始める

日曜日、夕方5時ごろになって、ダンナがやっと「今から作ってみようかな?」と言い出しました。

でもこんな時間だし「やるなら最後までやった方が良いから、時間のある時にしたら?」と言ったんですが、「よく読んだらすぐに出来そうな気がする。今日中に作り上げる」と言って、やりはじめました。裁縫もやらない人間が大丈夫なのか?

夫婦2人ともニードルフエルトって何か全然知りません。本のレシピ通りにふわふわの綿をちぎるところから、2人で試行錯誤。作り方は実際の大きさで載っているので、合わせながらやれば失敗はなさそうです。動画もあるようです。

まずは、頭の芯の部分を作ります。フエルトを丸めて針でチョンチョン刺していきます。刺すだけでだんだん固く締まっていくなんて意味がわからないんですけど…?

 娘も少しだけお手伝い

 まずは頭の芯ができあがり

注意書きに「針を刺しすぎると固く小さくなります」と書いてあるのですが、加減が分からないんです。

ダンナは無言でチョンチョン針を刺しまくっています。時々、指を刺して血を出してました。しろねこさんを血で染めるのはやめてね・・・

1つずつ部品を作っては胴体に針でチョンチョン刺して引っ付けていきます。手や耳などの細かいバランスはセンスですね~

1時間半くらいで頭と胴体が合体して雪だるまみたいな形になってました。まだ全然かわいくないですが。

夕食を挟んで、再開。

一番細かい手と足のパーツを制作。順番に刺して接着していきます。

1時間半ほど夢中で刺していました。

男の人が太い指で白い玉に針を刺しまくっている姿は異様ですが・・・

作業開始から3時間、しろねこさん完成しました~!

(本には1つ2~3時間で作れると書いてありました)

目や鼻のフエルトシールは既に切り抜き済みなので、貼るバランスさえ間違えなければそれなりにかわいくなります。

裁縫できない人でもそれなりにできた

ふわふわのフエルトだけの状態では、本当に立体のしろねこさんが出来る感じがしなくて、失敗も怖いな~と思いましたが、ド素人でも大丈夫そうです。

道具が全部揃っていて、写真と実物大の型紙、サポート動画まであるので、かなり丁寧です。

針が指に刺さる恐れがあるので(実際に流血済み)小さい子には危険ですが、裁縫を習い始める小学校高学年くらいなら作れそうですね。

ダンナは無心になれて楽しかったそうです。私はまだ未体験で、これからエサ作りをしなければいけなんですが、ダンナができるならなんとかなりそう。

針で刺すだけの作業なので、あと必要なのは根気とセンスだと思います。

アクレーヌと言うアクリル素材は羊毛フエルトよりも毛羽立ちなどが少なく、素人でも作りやすい素材だそうです。素材にも初心者に気を遣ってくれてるところが優しいですね。

ハマナカ アクレーヌ 10色セット H441-142-1


新色登場!フェルト羊毛 アクレーヌ 6色セット フェルト

まとめ

創刊号「ニードルフェルトでねこあつめ」299円は、かなりお得!と言うのが感想です。

誰でも簡単に作れるように工夫された材料を使っているので、半日で作ることができます。ダンナが初挑戦して、裁縫ができない人でも出来ることが証明されました。微妙に肩幅のあるしろねこちゃんになったので、オスかな?

でも、ド素人が作った作品とは思えない。

「ニードルフェルトでねこあつめ」シリーズは70号まで発行される予定だそうで、全部作ると70匹のねこさんがつくれるそうです。

2号は「さばとらさん」です。特製シールがついて917円(税別)

おおーー!! 金額が3倍以上ですね~

創刊号でしろねこさんに魅了された人はぜひシリーズを揃えてくださいね。

しろねこさんは一番簡単な色、形ですが、シリーズごとにレベルが上がっていきます。9号のびすとろさんや13号のかふぇさんなんかは難易度高そうですが、めっちゃかわいい♡

縫わなくても簡単にできる、羊毛フエルトにも興味がでてきました。

【手芸本】フェルト羊毛 アクレーヌ 基礎ブック アクレーヌで作るクリーナー&マスコット M便[1/3]


【羊毛フェルト】【手作りキット】 オカメインコ・セキセイインコ 【ハマナカ】【フェルト羊毛】【アクレーヌ】【誕生日】【ギフト】【バレンタインデー】【プレゼント】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする