無印のUVベースコントロースカラー・ブルーで白肌&ツヤ肌になれるらしい

無印良品のUVベースコントロールカラーのブルー色を使うと白肌になれるとの口コミを見て試してみました。

私は最近、シミとくすみが悩みで、下地を変えようかファンでを変えようか悩んでいたんですが、まずは下地を変えてみることにしました。

無印良品 UVコントロールベースカラー ブルー

30ml 950円(税込)

UVコントロースベースカラーは5色。イエロー・ピンク・ブルー・パール・パープル

黄くすみや茶グマをカバーして透明感のある肌色に仕上げます

コントロールカラーだけでなく、日焼け止め効果(SPF50+・PA+++)があるのがうれしいです。

私は普通なら無難にイエローかピンクを選ぶんですが、くすみを消すのはブルーらしいんで、テスターを手の甲にのせてみました。白い水色のローションをちょんとつけて伸ばすと白っぽくベールがかかったような感じになりました。イエローは肌になじみました。パールはすっごくキラキラしています。

UVベースコントロールカラー ブルーの使い心地

ケースがスティックなのでコンパクトです。

色は青白くて、サラっとした液体で日焼け止めローションみたいです。伸びも良くて塗ると肌がサラサラして脂っぽさはないですね。下地として塗っている時は、肌につけた色のわりには伸ばすとそれほど真っ白にならず、肌になじむ感じです。

塗っても重さがないので、うるおいが足りない感じはしますが、ストレス感がないです。なので、少し塗り過ぎてしまうかもしれませんが、塗り過ぎはファンデーションを塗った後に白過ぎになってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

白肌&ツヤ肌になった

UVベースコントロールカラーを塗った時点ではそれほど白く感じなかったのですが、その上からリキッドファンデーションをつけてみたら、いつもよりワントーン明るく少しツヤっとした感じに仕上がりました。厚塗り感もなく自然な感じです。

その上に粉をはたいたら、マットに落ち着きましたが、やっぱりいつもより白い。なんだかキチンとお化粧してる感じがします。毛穴も目立つ肌なので、あんまりマットにしてしまうと余計に目立って、少し厚塗り感が出てしまいました。たぶん私の塗り方が下手くそなんでしょう。。。

今使っているファンデーションが少し暗めなのか、くすみが気になって明るめに変えようと思ってましたが、UVベースコントロールカラーを使えばこのまま使えそうです。

お化粧仕立てはフェイスパウダーなしの方が自然で良かったですが、お昼くらいにはテカテカしてくるので、やっぱりフェイスパウダーは軽くはたいた方が良いみたいです。ちゃんとお化粧している感じになるし、夕方までもちました。

まとめ

顔がくすんできてちょっと暗い雰囲気に悩んでいましたが、UVベースコントロールカラーのブルーを使ってみたら、パッと明るい雰囲気になれました。

基礎のお手入れも必要ですが、手っ取り早く白肌になれたのは嬉しかったです。

サッパリ、サラサラな使い心地で少し潤いが足りなく、粉おしろいをはたくとマットになって毛穴が目立つのが残念でしたが、化粧崩れしにくく感じました。粉量を上手にコントロールして、自分に合った使い方を探してみたいと思います。

日焼け止め効果も高いのも、下地ベースとしてはありがたいですね。うるおいが少なめなので、夏向きの商品かもしれません。

プチプラなので一度お試ししてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする