【沖縄土産】おいしい手作りジーマーミ豆腐なら花商がおすすめ

沖縄のジーマーミ豆腐ってプルンプルンで本当においしいです。
スーパーでも購入可能ですが、やっぱり手作りのジーマーミ豆腐はおいしいです。
おいしいジーマーミ豆腐で有名なお店「花商」はすべての工程が手作りなので味が全然違います。


じーまーみ豆腐専門店 花商

お店は国際通りにあります。

花商は、ジーマーミ豆腐の材料のピーナツを「手絞り」にこだわり、絞った豆乳にタピオカ粉を加えて手作業でもちもちに仕上げます。
手絞りからカップ詰めまで手作業で仕上げるお店は、なかなかないそうです。

店舗では味見もさせてもらえるので、食べてみて買うかどうか決められますよ。

じーまーみ豆腐専門店 花商


手作りにこだわったジーマーミ豆腐の味は?


3個で570円って結構高めのお値段だけど、一口食べたらその値段に納得。
真っ白でとってもキレイ。スプーンで持ち上げると粘り気が強く、食感も柔らかくてプルプルしてて滑らか。
ピーナツの香りもかなり濃いです。
スーパーで売っている市販のジーマーミ豆腐とは別物!

ねっとりした濃い風味なので一気に食べるのではなく、少しづつ味わいたいです。
う~ん、贅沢な味。 花商のはやっぱり格が違いますね。

付属のタレは少しトロミがあり、甘辛くてしょうがの味がほんのり。かけるとデザート感覚になります。
私はジーマーミ豆腐は食事として食べたいので、だし醤油をたらした方が好きでした。わさび醤油でも合うそうです。


他のお店のとはどう違う?

スーパーで気軽に買えるジーマーミ豆腐は、ほとんどが機械で大量生産しています。
メーカーによって特徴があり、サラッとしたものもあれば、甘みの強い物、プルンと固めのものなどいろいろで、自分好みのものを見つけるのも楽しいと思います。 スーパーの物でも十分おいしいです。

ただ、花商のようにこだわりの手作りで作っているところはなかなかなく、こんなに粘り気が強くてモチモチした食感のものは珍しいのでゼヒ食べ比べしてみてください。


ジーマーミ豆腐は家で手作りできちゃう

実は、ジーマーミ豆腐は実は家でも作れます。
材料は、3つだけ。
生の落花生・くず粉・水  以上。

● 落花生をミキサーに。くず粉を入れて炊いて冷やすだけ。ジーマーミ豆腐って意外と簡単かも? 又吉さん家のレシピ

● 自家製落花生でジーマミ豆腐と卯の花

材料は少ないですが、工程は結構大変そうですね。でも手作りジーマーミー豆腐は格別な味でしょう。普通では生の落花生がなかなか手に入らないかもしれませんね~でもいつか挑戦してみたいです。


まとめ

ジーマーミ豆腐は、沖縄のスーパーならどこでも売ってますが、専門店の手作りが格別においしいのは間違いないです。
那覇へ行ったら国際通りの「花商」のジーマーミ豆腐を試食してみましょう。
こんなにモチモチ、ネトネトの食感はなかなかないですよ。

ジーマーミー豆腐は本島の人は食べる機会があまりなく、ピーナツからできていることを知らない人もいるようで、アレルギーにはお気をつけくださいね。

沖縄観光中に「ジーマーミ豆腐」を食べた食物アレルギーの子どもが、呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こして県立北部病院に救急搬送される事例が増えている。「ジーマーミー」をピーナツと知らずに食べる例がほとんどで、中には意識のない状態で搬送される事例もあった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする