【台北土産】ヌガーを買うなら糖村がおいしい!ミルク感たっぷりで甘くて幸せになれる味

台湾土産の定番お菓子、ヌガー
パイナップルケーキと並ぶ、人気のお菓子です。
ヌガーと言えばヨーロッパのお菓子と思い浮かべますが、台湾でもどこでも売られています。台湾のヌガーの方が日本人には合うかもしれません。


台湾ヌガー (牛軋糖)とは

ヌガーは通常、水飴やはちみつを煮固めてナッツを加えたキャラメルのようなものですが、台湾ヌガーは麦芽糖やミルクを使っているので、アッサリしていてミルクソフトキャンディーのようです。
甘さも控えめなものが多く、やめられなくなります。

基本のミルク×アーモンドに加え、抹茶やイチゴ、コーヒーなどのフレーバーがたくさんあり、中身もカシューナッツやピーナッツなどのナッツ類の他、マンゴー、パイナップルなどの台湾らしいドライフルーツが入っているものもあります。

たががヌガーですが、パイナップルケーキと同じく専門店やホテルの高級なものとスーパーで買える安いものに分かれます。
味は値段は値段に出るのかな?と思いますが、自分の好きな味を見つけるのも面白いですね。
ちなみに空港で試食したヌガーは、味が薄くてイマイチでした。。。


ヌガー専門店 糖村 Sugar & Spice

ヌガー専門店で一番有名で人気があるのが「糖村」
台北市内にも店舗が多く、新光三越や台北101などに入っていて買いやすいです。
高級ヌガーですが、間違いないおいしさ。


私は中山駅の新光三越地下で買いました。
鼎泰豊の目の前なので、嫌でも目に入ると思います。
ふらっと見ていると、店員さんがヌガーの試食を差し出します。
通常の1/3の大きさのヌガーが個包装になっているもので、子供の分もちゃんとくれるんです。

ヌガーの種類は、ミルク、ドライイチゴの入ったストロベリー、抹茶、キャラメル味などがあります。
「この味も気になるね」なんて友達と話しながら他の味を指させば、そのヌガーの試食がサッと出てきます。

3個くらい食べちゃうと、申し訳なくなって買わずに帰れない状況に・・・(日本人泣かせの作戦です)
でも本当においしいから買っちゃう!

【箱入りの値段】
ミルク:250元(17個入)1個約56円
キャラメル:288元(17個入)1個約64円
イチゴ:330元(15個入)1個約84円
抹茶:330元(12個入)1個105円

(※1元=3.8円で計算)


ヌガーの味は?

試食はいろいろさせてもらいましたが、一番好きなのはミルク味でした。
ミルク感が強くて、アーモンドのカリッとした食感と風味が最高です。
値段もミルクが一番お値打ちなのでラッキー。

気温などによって硬さが違うので注意してください。冬や冷蔵庫保管しているとカチカチです。
4センチくらいあるので口に入れられない(入ってても動かせない)ので、ちょっとずつかじるか、柔らかくなるまで待ちましょう。
しばらく口に入れていると柔らかくなってきて、モグモグ噛めるようになりますが、歯にくっつくので、歯が悪かったり、義歯や詰め物が気になる方は自己責任で・・・
ちょっと食べにくいのが難点ですね。

甘さ控えめだけどミルクの風味が強くて、ちょうどよい美味しさ。
ナッツのアクセントも好き~
ソフトキャンディーだけど、食べ応えのあるお菓子です。
これ1粒60円くらいするので、子供にあげるのがもったいなくて自分のご褒美おやつで隠してます(笑)


糖村のヌガーはプレゼントにもぴったり

糖村のヌガーはおいしさだけじゃなく、パッケージもかわいいのでお土産にぴったりです。
日本のデパ地下のお菓子売り場のお店と同等の清潔さ、パッケージや紙袋のかわいさで高級感のあるお土産になります。
私はもっぱら自分用に買うんですが、個包装なので小さな袋に入れてお裾分けもしてます。
台湾土産にしてはちょっとお高いですが、それなりの価値があって、日本じゃ食べられないので必ず買いたいお菓子ですね。

かわいいヌガーと言えばホテルオークラNineが一番ですが、こちらはさすがに高い!と感じたら、糖村が無難でおすすめかな?


《大倉》牛軋糖精裝版禮盒(16入)(超高級キューブ型ヌガー-ギフトボックス) 《台湾 お取り寄せ土産》 [並行輸入品]

《糖村》法式牛軋糖(フレンチヌガー)-400g (ジッパーバッグ) 《台湾 お取り寄せ土産》 [並行輸入品]


スポンサーリンク

シェアする

フォローする