中国サイトから買ったマスクが届いた…箱が大変なことになってた

マスク不足の中、試しにと中国サイトでマスクを購入してみました。
買ったのは4月末ごろで、1か月経ってやっと届きました。
中国のサイトから商品を購入するのは初めてじゃなく、電子部品などはすごく安いのでたまに使っていました。今までだいたい無事に届いてました。(1回だけガラス面が割れていて返品交換したことがありますが、特に問題はなし)

今日、中国から届いた荷物は2つ。
マスクと、オーディオ部品。

オーディオ部品は、ちゃんとプチプチに包装されていて、ケーブルもそれぞれ個包装になっていて問題なし。

もう一つの荷物は、少し薄っぺらで軽かったので、まさかマスクが入っているとは思いもよらず・・・それも外装のビニールの一部に穴が開いている状態で、「えっ!?」ってなりました。
開けると、ぺったんこにつぶれたマスクの箱がでてきました。

な・・・なにこれ!?

家族全員、

絶句!



箱を開けるとビニール袋にくるまれただけのマスクが50枚・・・
箱がつぶれてるから中身もズレてて、横のテープをはがすとすぐに中身が出てくる簡易包装。


一応、検査証みたいな紙が入ってますが、う~ん、怪しい・・・


そのビニール袋を触っていると、手に白い粉が付きました。
わぁぁ。。。! 怖くなってすぐに手を洗いました。
(マスクの粉かな?)

思わず「ねぇ~、いったい誰がこれを使うの!?」と言ってマスクの箱を見ると・・・
なんと、箱には「WHO TO USE 」(誰が使うか)と書かれていました。



1枚取り出してみると、多少薄いかな?とは思ったけど、ノーズワイヤーも入ってるし見た目は普通。


でも・・・
気のせいか?ニオイがするような・・・え~っ、マスクってこんなニオイしたっけ?


清潔なはずのマスクなのに、みんなが怖がって避けてます。
正直、怖くて使えないんですけど。。。

どこで作られたか分からない、ビニール袋1枚にマスクをざっくり入れてテープで止め、紙箱に詰めて、郵送用の外装ビニール袋にそのまま入れ、1か月間どんなルートでここまで運ばれてきたのか?
コロナの影響で、いろいろたらい回しにされて届いたような気がします。


マスクが高騰してた時期に買ったもので、今じゃその半額になってて値段的にも悲しくなる~
普通だったら返品レベルの届き方だけど、今の状況じゃ無理だろうし、中国サイトで安く買おうとした自己責任だろうな。

ただ、正規でない中国ルートで送られてくるマスクの本当の現状はこんなもんなのかも?
もし、どこで作られたかわからないマスクを安く仕入れたものを、日本語の書かれたきれいな箱に詰め替えらえたものが売られていたら、安心して使っているだろうし。
検査がはっきりしないマスクが大量に出回っているのも事実なので、値段などで適当に買っちゃうと当たりハズレもあるってことですね。

安心できる基準として確認できる方法は、箱に「日本マスク工業会」のマークがあること、カケンテストセンターなどの検査機関で条件をクリアしていることが示してあることだそうです。
薬局などで売っている正規のマスクにはちゃんとマークがあるので、自分でも確認できます。コロナ前に買った薬局マスクにはマークがありました。

全国マスク工業会会員マーク
カケンテストセンターの測定値

ただ、このご時世なので、偽物も出てきちゃう可能性はないとは言えませんね。。。


今回は「中国サイトからマスク買ってみた」みたいなユーチューバーネタ的な感じで、怖いもの見たさもあったので、ぐちゃぐちゃ状態で届いたマスクに笑ってしまいました。
ちゃんと送ってくれるサイトももちろんあると思うので、たまたまハズレちゃったけなのかもしれませんが、清潔なものを買うときは安心できる所で買ったほうが良いのは間違いないです。

ちなみに、SHARPのマスクも当たったんですよ。こちらは逆にプレミア過ぎて使えない(笑)


こんなにマスクがあるのに、いまだにマスク不足です。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする