【カルディ】「ふるる冷麺 辛口ビビン冷麺」を食べてみました、激辛好きさんにおすすめしたい

辛ラーメンの会社が作っている「ふるる冷麺」をカルディで買ってみました。
激辛は苦手なのに、わざわざ「辛口ビビン冷麺」と書かれているものを食べて大丈夫かなあ~?と思いつつ、なんか惹かれてしまいました。

農心 ふるる冷麺

138円(税込)

インスタントラーメンのように、乾麺とタレが入っています。
茹でた麺に、辛みそのタレを混ぜて食べる、韓国の汁なし混ぜそば。
具は入ってないので、お好みの野菜やキムチなどをトッピングすれば豪華になります。

作り方は日本の袋麺と同様、沸騰させたお湯で3分茹で、冷やして器に盛り、辛みタレを上からかけ、混ぜて食べます。
タレは汁っけがあまりないので、よ~く混ぜます。入れる量によって辛さが変わってくるのでお好みで。


ふるる冷麺食べてみます

タレをかけてるときから、とっても辛そうな色~
ビビって少ししか入れないと味が薄いので、微妙に辛さを調整しながら入れていきます。

冷麺って、すごくコシがあってのどに詰まるイメージだったんですが、これは細くて柔らかめなので、すぐに噛み切ることができます(もたもたして少し茹ですぎたのかも?)
インスタントラーメンのような揚げ麺ではなく、生そばのような食感。

タレは辛口と書いてあるだけあって、私にはかなり辛いです。汗が噴き出すほど。
でも食べられないほどの辛さじゃなく、辛い物が好きな人にはちょうど良い感じだと思います。
娘はキムチは食べられるけど、これは一口食べてギブアップ(さすがに小学生には厳しい辛さ)

夏場は水だけではキンキンに麺を冷やせなかったので、氷を入ればよかったです。絶対冷たい方がおいしいと思う。

ゆで卵はバッチリ合う、キムチは混ぜたらさらに辛くなって本来の味が分からなくなりました。
あと、色合いにネギを入れてみたけど、キュウリの方がみずみずしくて良かったかも。
まあ、具材はなくても食べられるけど、サッパリしそうなものを入れるとさらにおいしく食べられます。

気をつけなきゃいけないのは、このタレの色!
見ただけでめっちゃ辛そうな色なんだけど、口の周りにつくとヒリヒリするし、服やマットにこぼすとオレンジ色にすぐ染まってなかなか落ちません。
ビニール素材の真っ白なクロスにこぼしてしまい、すぐにテッシュや濡れタオルで拭き、食器洗剤で洗ったけど取れず・・・キッチン泡ハイターでやっと落ちました~
これが服に付いたらと思うと怖いな。エプロンして食べましょう。

「ふるる冷麺 辛口ビビン麺」の作り方、こぼした時の様子はコチラです。


まとめ

激辛で、かなり汗が出ました~!
私はあまり辛い物が得意ではないので、一人で完食は無理でした(汗)
激辛得意な人はゼヒお試しください。

生麺のようなツルツルの柔らかめの麺で食べやすかったです。
タレはかなり濃いめで辛いので、様子を見ながら足していくと良いです。
ツユなしなので、トッピングはキュウリやゆで卵など、タレに絡めて食べるとおいしいものがおすすめ。

作り方はかなり簡単なので、暑い日や寒い日にいかがでしょうか~?
かなり体がポカポカしますよ。



農心 ふるる冷麺 水冷麺 ビビン冷麺 各5袋 計10袋セット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする