「手打ちそば 八千代」名物の鴨せいろは普通と違った…ボリュームあって激ウマ~!

名古屋市北区大曽根にある、手打ちそばのお店「八千代」
大曽根駅から徒歩5分ほどにある、名古屋でお蕎麦が美味しいと有名なお店です。特に鴨せいろが人気です。

お店は細長く、キレイで落ち着いた和風の一軒家。
お座敷、個室、テーブル席があります。
平日お昼2時頃伺ったので、3組ほどのお客さんでした。
有名店ですが、特に外まで行列ができてる時はあまり見たことがないので、落ち着いて食事ができると思います。

ランチメニューなどはなく、お昼も夜も同じメニューです。
(※2019年5月までは、うどんもメニューにありましたが、6月からは蕎麦のみの提供になっています。 )



こちらの名物は、鴨せいろ。1,720円 税込
やっぱり皆さん、鴨せいろを食べてる人多いです。
私の知ってる鴨のお蕎麦は、蕎麦ちょこに鴨肉が入った濃い目のつゆにつけていただく物だったんですが、八千代の鴨せいろは全然違っていました。


出てきたのは、ざる蕎麦と大きなお椀にたっぷり入った鴨のスープ。
一瞬、豚汁か?って思ったくらいのボリュームで、中には鴨のお肉が4~5切くらいとネギがたっぷり入っていました。


最初にお椀のおつゆをすすってみます。
鴨の臭みなどはなく、程よい脂加減のコクとしょう油強めで甘さ控えめのつゆがおいしいです。
このまま飲むには少し味が濃いので、蕎麦を浸して食べます。
お蕎麦は細く平たく、コシがあり、香りはそれほど強くはないですが、万人受けする味です。

鴨のつゆが絡んでおいしい!
鴨肉も大きめで歯ごたえよく、食べ応えがあります。


蕎麦を食べきってしまい、残った鴨つゆがもったいないな~と思った時、そば湯が運ばれてきました。

お椀を持ってきてくれたので、そこに残った鴨つゆとそば湯を入れて飲んでみます。
え~っ、ウマーイ!!!
何~コレ!?トロッとしたそば湯が濃いめの鴨つゆをまろやかに薄め、ゴクゴク飲めちゃう。



基本のせいろも頂きました。860円 税込み

鴨せいろと同じ平たく白っぽいお蕎麦で、コシがあっておいしいです。
薬味にネギ、わさび、大根おろしがついてきます。
そばつゆは、かなり濃いめ。
甘みが少なく、しょう油の味が強いので、そばの下にチョンと少しだけつゆをつけてズルズルとすするプロの食べ方で頂くのが良さそうです。
ベチャベチャつけてモソモソ食べると味が濃くなってしまいます。

ちょっと大人な贅沢をした気がしました。
ごちそうさまでした。



【八千代 手打ちそば】
名古屋市北区大曽根3-5-22
052-917-0814
営業時間:
平日 11:00~15:00(禁煙タイム)17:00~20:00
土日 11:00~20:00
定休日:木曜日、第三水曜日(祝日の場合営業)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする