いきなりステーキで平日ランチのワイルドステーキを食べた感想

いきなりステーキの平日ランチへ行ってきました。

普段、そんなに牛肉をたらふく食べる事なんてなく、100gあれば満足できるようなヤワな胃の持ち主です。

いきなりステーキは200gからオーダーできますが、お肉の厚みがあるほうがおいしいので300gからをおすすめしますと書いてます。

ランチは、お得なセットなどもあり、1000円代で食べることができます。

でも、食べられるか!?不安です。

いきなりステーキのランチメニュー

普段は、好きな部位を好きだけグラムでオーダー方式ですが、平日のお昼はお得なセットランチがあります。

ライス・スープ・サラダがセットになっているのは、ワイルドステーキワイルドハンバーグのみになります。

ダンナと2人での来店なので、お互い違う部位にしようと私は「乱切りステーキ」にしようとも思ったんですがセットになっていないし、2人ともここはやっぱり一番お得な「ワイルドステーキ」にします。

200g、300g、400gと選べますが、お店のおすすめは300g~。お肉が薄いとおいしくないんだそうです。なので、頑張って300gイキます!

もう少し良い好みのお肉が食べたい人は、ヒレやサーロインステーキもあります。ただし、お肉だけの料金です。

お肉だけのメニューにライスやサラダなどを付けたい場合は、ランチAセットやランチBセットをつけましょう。

お店の雰囲気

立ち食いのイメージでしたが、イス席が半分以上でした。ほとんどのお客さんがイス席(入り口で聞かれます)で座って食べてました。ちなみにナゴヤドームイオン店です。

立ち食いなら並ばずにお店に入れてもらえそうです。

フォーク、ナイフ、調味料などはカウンターの上にまとめられているので、テーブルはスッキリしていてそれほど狭さは感じませんでした。

お店内はかなりの煙で、モクモク状態でした。臭いなども移りそうな気がしますが、焼肉屋さんよりはマシかな?着ていく洋服には注意しましょう。

ゆっくりできるお店ではないけれど、イス席もあるので落ち着いて食べることができました。小さい子連れで行く雰囲気ではないかな?

ワイルドステーキの感想

最初にサラダとスープが運ばれてきました。

そして、ご飯が来たと思ったらステーキの登場。

席に座った時に「紙エプロンをつけてお待ちください」と言われます。恥ずかしがらずに素直につけましょう。ステーキはものすごい脂が飛び散ります。ステーキソースをかけるとまたまたジュワー!と飛び散ります。服がシミになる方が恥ずかしいです。

さて、ワイルドステーキは焼き加減を聞かれません。「ワイルドステーキは表面だけ焼いて提供しています」と書かれています。

レア状態で運ばれてきて、自分で好きな焼き加減にしてからソースをかけます。鉄板の再加熱はできます。

私は赤いのにビビッてしっかり焼いてしまったので、ちょっと硬めのお肉になってしまいました。焼きすぎ注意ですよ~

ワイルドステーキの部位は肩肉のようです。脂身が少な目でさっぱりしています。歯ごたえはあるけど、噛み切れない程でもないです。

私は脂身たっぷりの和牛が苦手になってきているので、このくらいのサッパリ加減の方が食べやすいです。これで十分満足できます。

ホントに300g食べられるのか心配だったけど、ダンナにお肉1切れくらいとライスを半分あげただけで、完食しました。調味料いろいろ試しながら食べてたら、そんなに無理せずなくなってました。でも本気でお腹いっぱいです!

ステーキソースは2種類あって、ポットにニンニクの効いた塩味の強いソース、カウンターの上に甘口と書かれた焼肉のタレっぽいソース、わさび、からし、ニンニク、塩、コショウが用意されているので自分の好きな味で食べると良いです。

ポットにソースが入っていてビックリ。気づかなかったらお茶だと思っちゃいますね。このソースがおススメなのかな?ニンニクの風味と塩味が濃いのでかけすぎには注意です。

甘口ソースは焼肉っぽくなるのでステーキじゃないみたい。

私は塩コショウでサッパリが一番だったかな?わさびが好きな人が多いみたいですね。私はわさびが苦手なので…

お肉はたっぷりあるので、少しずつ味を変えながら食べると飽きが来ないですね。

まとめ

いきなりステーキのランチ、お得でした。

これだけのお肉の量を1390円(税抜)では普通食べられないですよね。

脂身が好きな人にはワイルドステーキは少し硬いかもしれませんが、たくさんの量を食べるならこのくらいの方が良いと思います。

300gはちょっと多かったので、しばらくお肉はいらないな~

またお肉が恋しくなったらガッツリ行こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする