【大阪土産】りくろーおじさんのチーズケーキは温度によって味が変わる

大阪土産に、りくろーおじさんのチーズケーキを買う人も多いですよね。

私も20年以上前に初めて食べた時には、安さと美味しさに衝撃を受けた覚えがあって、何度か購入してました。

何年振りだろう?久々に「りくろーおじさんのチーズケーキ」が家にやってきました。

りくろーおじさんのチーズケーキ

りくろーおじさんのお店は大阪にしかありません。難波が本店で、大阪府に10店舗。

りくろーおじさんHPはコチラ

新大阪駅でも買えるので、お土産に便利ですね。

焼き立てチーズケーキが発売されたのが1984年、りくろーおじさんのお店ができたのが1989年なので、もう30年以上の歴史ですね。オープン当時から行列ができる店として有名で、今でも並んでいる人気。

デンマークのクリームチーズを使い素材にこだわった、焼きたてスフレチーズケーキが人気のお店です。

人気の理由

人気の理由は、

  • 何と言っても値段が安い!
  • その場で焼けた熱々出来立てチーズケーキが買える!

1切れ500円のケーキが当たり前の時代に、6号サイズ(18cm) 695円で買えるんです。昔は500円くらいだったので値上がりしてるんですが、それでも安いです。

各店舗で1日に何度も焼き上げているので、目の前で焼けるチーズケーキをすぐに買えます。「焼き立て」ってだけで「おいしい」と魅力的に感じますよね。出来上がったものをすぐに自分のものにできる嬉しさがあります。

もちろん万人受けする味なのも人気の理由です。

りくろーおじさんのチーズケーキの味は?

スフレチーズケーキなので、フワフワでキメが細かいです。表面はジャムなどは塗ってなくて、底にレーズンが敷かれています。

焼けて時間が経ってるので、表面がしわくちゃになっちゃいました。焼き立てはツルツルなのに~

  

味も食感もとっても軽いチーズケーキです。

最近は濃厚なチーズケーキ流行りなので、久しぶりにこんなにアッサリとしたチーズケーキを食べました。1/4切れくらいだったら、ペロッと食べてしまえます。アクセントのレーズンはお酒の味もせずふっくら甘いので子供でも大丈夫。

以前から少し甘いなとは思っていましたが、改めて食べてみると酸味がほとんどないので、チーズケーキってよりはチーズ風味なのかもしれません。

私が食べたものは既に焼きあがって少し経ったものをお土産として名古屋まで持ち帰り、少し冷蔵庫に入れて当日食べたので、きっと焼き立てをすぐに食べたらもっとシュワっとするんだと思います。

もう少し濃厚なチーズ味を想像してただけに(以前の味を忘れてた)、チーズ風味のシフォンケーキを食べてる感じがしました。

食べ方を変えてみる

注:この切り方をすると、りくろーおじさんぶった切り

既に焼きあがっていて、持って帰るのに数時間経ったものを1時間冷蔵庫に入れて、当日食べました。ぬるくもすごく冷たいわけでもない状態だったので、チーズ風味のシフォンケーキのように思えました。

翌日は、一晩冷蔵庫に保存したものを食べました。昨日より固くなって締まった感じ。キメも詰まってチーズの風味が強くなり、チーズケーキらしくなりました。

さらに、箱に「チーズケーキのあたためかた」が書いてあったので、20秒ほどレンジで温めて出来立てチーズケーキを再現してみました。

温めたらシュワっと感が戻りました!メレンゲのシュワシュワ~がすごいです。上の焦げた部分も柔らかくなって一体化してました。温めることによって、チーズの香りが減って卵の風味が強くなりました。甘みも増します。

チーズケーキ好きの好みとしては、しっかり冷やしたものが一番良かったです。2番目はシュワっと食感が味わえる温めたもの(焼き立て)、3番目は焼き上がりから時間が経った常温のもの。

まとめ

ワンホール695円で買えるのに、いろいろな食感が楽しめておもしろいチーズケーキです。

焼き立てのチーズケーキを買いたい人が多いので行列ができていますが、焼いてあるものを買うには並ばずに買えることが多いです。焼き立てのチーズケーキは独特の香りと食感が楽しめるプレミア感があるのでおすすめしますが、お土産に買って帰ってどうせ冷めてしまうなら焼いてあるものを買って家で温めても大丈夫です。

濃いチーズケーキが好きな人には濃厚さが足りないと思いますが、冷やせばチーズの風味が増すし、チーズケーキってことは忘れて温かいシュワシュワなケーキを味わうのも良いかも。

大阪へ行けない人はコチラでも購入可

チーズケーキだけでなく、他の洋菓子や和菓子、パンの取り扱いもあり、イートインスペースではそれらのお菓子やお茶がいただけるので、大坂旅行の際はゼヒ行ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク