【東京土産】「東京ミニョンカドー」食べてみました。お土産にするのに最適な理由とは?

成田空港のBLUE SKYおみやげプラザで「東京ミニョンカドー」クリスピーショコラサンドを買ってきてもらいました。

6個入り 765円



箱を開けると、こんな感じ。
袋は大きめだけど、中身は割れないようにプラスチックケースに1個ずつ入っているので、思ったより小さめです。

見た目は、パン粉のような?砕いたチョコフレークをまぶしたような?四角いチョコレートで、値段の割には高そうに見えないかも・・・?


食べてみると、周りについているのはチョコフレークではなく、薄く焼いたクレープ生地を砕いたもので、すごくパリッパリです。
かじっても、サックサク!
軽~いウエハースでフワッと軽いチョコクリームが挟まっているので、ものすご~く軽いお菓子です。

小さいし、あっという間に口の中に消えていきました。
1個じゃ、ちょっと食べた気がしないかも・・・
チョコレートはそれほど甘くないので食べやすいし、手に持ってもベタベタしないので夏でも食べられるチョコレート菓子ですね。


ただ、6個入り765円なので、1個あたり約128円は、自分で食べるにはちょっともったいないかな。。。と思ってしまう。
箱は立派だし、軽くてちゃんと壊れないように個包装になっているし、味もハズレないので、お土産にするにはとっても便利だと思います。
ちなみに、東京駅では売っていないそうで、見つけたら買いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする