「赤いきつね焼うどん」を食べてみた。アレが足りないんだけど…

「赤いきつね」の焼うどん?
以前にも発売されている期間限定商品のようですが・・・

パッケージは「赤いきつね」そのままですが、容器が四角いです。

う~ん。。。これは美味しいのだろうか?
「汁なし赤いきつね味」なんだろうとは想像がつくけど、赤いきつねファンとしては1度経験しておくべきでしょう。
と言うことで、買って食べてみました。

カップの中には、麺と刻まれたきつね(赤いきつねの油揚げを切ったものです)、別袋に卵とかまぼこ、粉末ソース、特製油が入っていました。

卵とかまぼこは、お湯を注ぐ前に中に入れます。
きつねは最初から入っているのに、なんで卵とかまぼこが別袋なのかな?
赤いきつねにはネギが入っていたはずだけど、焼うどんには入っていませんでした。
当たり前だけど、調味料は後入れです。

赤いきつねと同じ具材が使われてます



作り方は、カップ焼きそばと同様、お湯を注いで5分待ってお湯を捨て、調味料を混ぜてできあがり。
粉の調味料なので、結構グルグルかき混ぜないときれいに混ざらないです。

作り方がめっちゃ丁寧に書かれている

この容器、他のカップ麺などと比べてすごく丈夫にできていて、紙の上蓋もしっかり接着してます。全部めくるときに力を入れすぎてそばに置いてあったコップを倒してしまったくらい。



出来上がり

さて、お味は。
調味油を入れて少し焼いた感じが演出されています。その分、赤いきつねよりは少し脂っぽさがありますが。
うん、うん、赤いきつねの味ですね。
お湯を入れて5分ぴったり、その後調味料混ぜたり、写真撮ったりして時間がかかったのか、麺にコシがあまりなくてモチっとした食感。麺は赤いきつねと同じだと思うので、私がモタモタしてしまったせいかもしれません。
刻まれたきつねは甘くてジューシー、赤いきつねのお揚げです。
焼きそばのようにピリッとした刺激や独特の風味などはなく、和風の安心できる「赤いきつね味」でした。一味を振ってもいいかも。

ただ・・・
この商品を買う人ってきっと「赤いきつね」が好きな人ですよね。
あの、かつおのダシが効いたおつゆ、おつゆがしみ込んだジュワっとしたきつねをガブっとするのが好きなんだと思うんですよね。

おつゆと大きなきつねを下さい~!


それが両方ない状態なのは、やっぱり物足りなさを感じてしまいました。
美味しかったけど、私はいつもの赤いきつねが好きかな~?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする