【無印良品】お菓子の量り売りがめっちゃ楽しい!お菓子の種類、コスパ的にはどうなの?

無印のお菓子が大好きなので、9月18日から始まったばかりの「お菓子量り売り」で購入してきました。
店舗限定で、まだ限られた店舗のみでの販売です。


お菓子量り売り

全28種類、1g=4円

お菓子は個包装になっており、それぞれのボックスに入ったお菓子を紙袋に詰めて好きなだけ買う方式。
はかりにお菓子の入った袋をのせると、横の液晶画面に値段が表示されるので、それでOKなら画面のボタンを押し、出てきたラベルシールを袋に貼り、レジで精算します。


全部で28種類あるはずだけど、空になっているボックスがいくつかあったし、同じ種類が別の場所にあったりしたので、見た目よりだいぶ少なかったと思います。
お菓子の種類は、あられ・ラムネ・レーズンチョコレート・クッキー類
定番の人気ものから、ちょっと変わった味もあるので、試し買いができるのはうれしいです。


実際にやってみた

まずは横に設置してある小さいカゴに好きなお菓子を好きなだけ入れていきます。
自分でお菓子を紙袋(大・小あり)に入れてスケールに乗せると、液晶画面でグラムと値段を確認できます。

子供たちに「200円分までね」と言ってそれぞれ好きなものを袋詰めさせました。
息子はあられ類を多めに入れています。娘はチョコ類やラムネが多い。
量り売りなので、重ければ高くなります。

最初は厳選しすぎて、なかなか選べなかった娘ですが、「少しなら金額出てもいいよ」と言ったら、最後にぽんぽんチョコレートを入れてかなりオーバー。。。
息子は同じお菓子ばかり入れています。(できればいろんな種類入れてほしいのに)

お菓子の量り売りって子供の夢の時間のようで、すっごい楽しめたようです。


量り売りのコスパは?

家に帰って、袋を開けてみました。

息子の袋は、56g224円
…15個(おかき10個・おせんべい1枚・クッキー3個・ラムネ1袋)

変わった味のものを多く選んでいました。野菜や料理系が多いな。
たまねぎチキンおかき・トマトおかき・とうもろこしおかき・レモンおかき・みそチーズサブレ など…


娘の袋は、66gで264円
…10個(おせんべい1枚・ラムネ3袋・クッキー2個・レーズンチョコ2種類・大豆チョコ1袋・マシュマロ1個)

こちらは定番お菓子ばかり。ハズレなさそう~
ぶどうラムネ・チョコがけ大豆・いちごチョコマシュマロ・ココアとバニラのクッキー・レーズンヨーグルトチョコ など…


意外に少な・・・
親的には、これで約250円かぁ~って感じでした。
まあでも無印のお菓子なら妥当な値段かな?

子供たち大満足したはずなのに、お菓子の種類的には満足できてなかったようで、量り売りを満喫した後で、お菓子コーナーへ移動して「するめシート」と「梅ミンツ」も追加。娘はさらにキャラメルポップコーンまで抱えてた(もうヤメテ…)

おかきや小さいクッキーは6個で80円、レーズンチョコは2個で80円くらいと大体の目安が書いてあるので、そんなにバカ高いわけでもないんですが、200円くらいじゃあまりたいして買えないことがわかりました。
あ~得した!って感じはないです。コスパ的にはあまり良くないかな? とは思いました。
でもワクワクして楽しかったです。(クレーンゲームでお菓子取るよりは絶対イイ)


まとめ

量り売りで欲しいものと値段で迷いながら選ぶのは、とっても楽しかったです。

値段もすごく高いわけではないし、20グラムから買えるので、試し買いに数個だけ買ってみることもできます。
ただ、種類が限られてしまうので(空箱になっているお菓子も多かった)選びたい放題ってわけではなかったのが残念でした。店舗によっても種類が違いそうですね。
結局、他の無印お菓子も魅力で買ってしまうので、なんかお菓子にすごいお金を使った感じ。なのにたいした量じゃないのよね・・・

自分用にはちょっと高いので、今度はプレゼントに詰め合わせとか作ってみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする