温泉卵が簡単に作れる!「温泉たまご器」は鍋で作るより便利だった

我が家では、ゆで卵や卵焼きは人気がないんですが、温泉卵はみんな大好き!
だし醤油をかけてツルっといったり、どんぶりや麺などにのせれば、一気に豪華に見えるておいしくなります。

そんな欠かせない温玉のレシピは、60~70度のお湯につけて15分前後置いておくだけ。
ゆで卵よりも簡単そうなんですが、適温をキープしたり、卵の大きさや個数、鍋の厚みなど、いろいろな条件が揃わないと上手にできないんです。
私は雑な性格なので、お湯の量や卵の個数、使うレシピも毎回変えてしまうため、時間も10分だったり18分だったり。
だから上手にできる時もあれば、固すぎたり生状態だったり・・・

いつでも簡単に温泉卵を作りたい!
見つけたのがコレ~

セール品売り場で300円で売ってたので、即買いしました。
ネットで購入すると、1,000円前後くらい。

Amazonが一番安いかな?
880円 ※対象商品2,000 以上の注文で送料無料


楽天は製品代は安いけど、送料が高め。
428円(税込)+送料695円 ※3,980円以上購入で送料無料


まろやか温泉たまご器

洗おうと思って分解したら、容器が二重構造になっていて、薄いメラミンスポンジのような板状のものがアルミで包まれて入っていました。
これが保温材になり、温度をキープします。

作り方は、1~2個の卵を入れて沸騰したお湯を注ぎ、フタをして待つだけ。
時間が経てば、卵の乗ったスタンドを取り出してできあがり。


卵を取り出す時にお玉は不要、手に熱湯がかかることもないので、子供でも安全に使えます。

湯で時間は、個数と卵の大きさ、常温か冷蔵保存のものかによって微妙に違います。

【常温卵】
1個 Mサイズ: 約9分 Lサイズ:約10分
2個 Mサイズ:約10分 Lサイズ:約22分
【冷蔵卵】
1個 Mサイズ:約11分 Lサイズ:約25分
2個 Mサイズ:約13分 Lサイズ:約30分


温泉卵の出来上がりは?

さて、肝心の出来上がりですが、
お鍋で作っていた時より成功しました~パチパチ!


コンコン、パカっとして、卵がトロンと殻に付かずに出てくるのが理想ですが、そこはまだ微妙。
だいぶ白身が残っているので、スプーンでかきだします。


白身はちゃんとトロトロに白くなってるし、黄身は思ったより固まりすぎた感はあるけど、許容内です。
2回目は慌てすぎて時間を短くしたので、黄身が完全生でした(汗)

1回目:少し固すぎ
2回目:ちょっと緩め


どうしても冷蔵庫から取り出してすぐに料理してしまうんですが、口コミを読んでいると、やっぱり常温に戻して調理するほうが成功するみたいです。
卵のサイズもあまり気にせず作っているのと、あくまで時間は目安なので、自分でちょうどよい時間を研究してみようかな。

でも、お鍋で作るより成功率は高いし、洗い物は出ないし、やけどもしないので超便利!
1回に2個しかできないので、4人家族だと1時間近くかかってしまうのが難だけど、放置してればいいだけなので、他のご飯を作りながらやればそれほどの手間ではないです。


まとめ

家族からも大好評で、簡単だから毎日でも作れるようになってとっても便利です。
うどんにポンと乗せるだけで豪華だし、そのままでも1品料理になります。
完ぺきな温泉卵を求めるなら少しコツや研究が要りますが、適当にやってもそれなりのものができるので、私は満足かな。

ひとつ注意するなら、箱は捨てないほうがいいですよ。
出来上がり目安時間は本体に書いておらず、箱だけなので。
少し日数を置いたら時間を忘れてしまって、慌てて箱を探しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする