ニトリの「Nウォームはあたたかい~♪」は本当だった

フリース生地の毛布は軽くて暖かいです。昔の分厚い毛布に比べて軽くて洗濯も気軽にできて便利ですね。でもあんまり安い毛布はペラペラで真冬はやっぱり寒いんですよね~。安いけど温かい毛布が欲しい!「Nウォームは温かい~♪」のCMは本当なのか?

子供たちも大好きなCM、ニトリのNウォームが気になる。

ニトリ Nウォームの毛布

吸湿発熱糸と蓄熱機能の保温わたの組み合わせで、普通のポリエステル毛布に比べて保温効果がある構造になっています。ポリエステルの毛布の間には薄い保温わたが入っていて、少し厚みがあります。

軽くて体の熱で保温される画期的な毛布ですが、さすがニトリなので安く買うことができます。

Nウォームの毛布は2種類ある

Nウォームの毛布は2種類あります。NウォームとNウォームスーパーです。

Nウォーム 1,843  ~  3,695 円(税別)
Nウォームスーパー 2,769  ~  5,547 円(税別)

2つには1000円くらいの違いがありますが、NウォームスーパーはNウォームよりもふっくらと厚さがあり、静電防止機能付き、抗菌防臭加工がされていますが、洗濯はOKです。ちょっと手触りも高級感があり、それなりの値段の違いだと思います。

Nウォームスーパーの方が格段に温かそうですが、Nウォームも一番安いニトリの毛布と比べると厚さが全然違うので、Nウォームでも十分温かそうです。

うちはペラペラの薄いポリエステル毛布を使っているので、とりあえずNウォームで温かさを体感してみようと思いました。これでダメならNウォームスーパーを買えば良いんだし。

本当に温かい?

CMのインパクトが強く、子供たちと一緒に「Nウォームはあたたかい~♪」と言いながら目をつぶって毛布を被ります。

肌ざわりがヌルっとしてて気持ち良いです。ペラペラの安い毛布に比べたら格段に暖かいですが、毛足が短めであまり密集してはいないせいか、表面の温度は少~し冷たく感じます。なので毛布を被ってすぐに暖かさ実感ってわけはなく、体の熱がこもってから暖かさが続く感じです。羽毛布団みたいな仕組みかな?

朝起きると子供たちは2人仲良くNウォーム毛布にくるまってテレビの前で座っています。特に肌ざわりが気に入ったようです。とりあえずはNウォームで十分かな?

羽毛布団を使っている場合の毛布の使い方は、羽毛布団の上にかけるのが正解なんですが、せっかくの蓄熱素材なので、やっぱり肌に直接被った方が暖かそうです。

使い勝手

今回は居間で使いたかったので、かわいい鹿模様にしましたが、裏の方がもっと濃い茶色で汚れにくそうで良かったです。

触り心地もヌルヌルでツルツルしていて柔らかいです。ただ、ツヤっと光る感じが少し安っぽさを感じますが。そこんところはニトリっぽい。

真ん中に挟まれている中わたは薄い紙のようで両面の毛布でピタッと貼りついている状態ですが、表面からつまんでみると中わたがちぎれる感じがします。洗濯したり長期間使っているうちにどうなってしまうのかが少し心配です。

Nウォームは静電気防止加工になってませんが、特に気になることはありませんでした。もう少し空気が乾燥してきたらわかりませんが、今のところ大丈夫です。

まとめ

安くて軽くて暖かい毛布を探しているならNウォームをおすすめします。2000円でおつりがくるのにやわらかくて暖かいです。被ったすぐは効果を感じないかもしれませんが、じわじわと暖まってきます。汗っかきさんの方が効果を実感するかもしれませんね。私は汗をかかない冷え性体質なので分かりにくいのかも?即効果が欲しい人はNウォームスーパーの方が良いです。

普通の綿布団を使っていたり、寒い家ならNウォームスーパー毛布を使えばかなり暖かく冬が過ごせそうです。マンションなどの機密性が高い家や羽毛布団を使っているなら、Nウォームでも十分だと思います。

Nウォームシリーズは毛布だけでなく、敷きパットや枕カバーなどいろいろ揃っていますが、全部揃えてしまうと暖房要らずだと思います。

うちはNウォームの毛布が気に入ったので、もう少し寒くなったら追加購入しようと思っています。もしかしたらこれからどんどん売れていくはずなので、在庫がなくなる寒くなる前に好きな色を購入しておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする