「ラーメン改監修 極貝だし塩らーめん」カップ麺のレビュー、正直感想

東京で有名なラーメン店「らーめん改」の貝塩らーめんのカップ麺なんですが、
私は地方住みなので、こちらのお店を知りませんでした(なのでお店との比較はできません、すみません)
カップ麺になるくらいなので、よっぽどおいしいお店なんだろうな~と思い、「貝だし塩ラーメン」のネーミングにも惹かれ、スーパーで見つけた時には飛びつきました。


ラーメン改監修 極貝だし塩らーめん

東京、蔵前の有名ラーメン店「らーめん改」の貝塩らーめんがカップ麺になりました。

全粒粉を練りこみ、特殊切刃を使用して太さが異なる手もみ風のめんに仕上げました。食べ応えのある太いめんとしなやかな細い麺が混在することで様々な食感が味わえます。

あさりのうまみ豊かな塩らーめんスープです。畜肉系エキスを使用せずに、椎茸や昆布、鰹、鯖をバランスよく配合して味を調えました。

サンヨー食品HP

ラーメンを作って食べてみました

作り方は、普通のカップ麺と同じですが、具材や顆粒調味料は最初から麺の上に入っているので、その上からお湯を注ぎ5分、「仕上げの小袋」のオイルを注いで出来上がり。

お湯を注ぐ前から、魚介いい香りなので期待できます。

出来上がってフタを取り、しっかり混ぜて食べます。

うん!おいしいじゃないか~。
貝の香りもするけど、他の出汁の味もしっかり。
塩味だけど、スープの色は少し茶色い透明スープで、ツンとした塩辛さはなく、出汁の効いたまろやかでコク深い味わい。
これはおいしいっ!最後まで飲んでしまった(カロリー&塩分量コワっ)

全粒粉の入った麺は少し硬めでちぢれ麺なので、歯ごたえが良いです。ズルズルっとすする麺ではなく、モグモグ噛む感じ。コシがあるわけでもないかな?
個人的にはモチモチでツルツル麺が好きなんですが…

あれ?具材がちょっと貧祖・・・
フタを開けた瞬間、「わ~!」と感動するビジュアルではない。

ワカメは合うけど、ふやけた乾燥ネギ、小さなお肉がちょっと貧相な感じがします。特に味付け豚肉は、あまりに小さく箸で探せないし、食べてもイマイチ…

お肉が小さすぎない?

カップヌードルの具の方が豪華だな。。。

お店で食べた事がないので、これがどれだけ本物の味に近いのかは分からないですが、やっぱり油で揚げた乾麺や乾燥具材はインスタントぽさがありますね。


まとめ

「極貝だしスープ」がおいしかったです。インスタントとしてはかなり美味しい方だと思います。
貝の味がすごく効いてるわけではないですが、いろんな魚介エキスを塩味で引き締めている、バランスの良いスープでした。
ラーメンの後にご飯を入れたくなりました(カロリーオーバーなのでグッと我慢)

個人的には、具材が少しさみしい(見た目が…)のと、麺が硬くてホロホロする感じが好みではなかったです。
ただ、スープがこれだけおいしいので、本物の「貝塩らーめん」はめちゃくちゃおいしいんだと思います。

蔵前と浅草にしか店舗がなく、近くなければ食べることができない人が全国でいつでも食べられるカップ麺は便利ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする