【東京土産】どう違う?小川軒のレーズンウィッチ食べ比べ

東京土産として小川軒のレーズンウィッチが有名です。
サクサクほろほろのクッキー生地にバタークリームと大量のレーズンとの相性は完ペキ!めちゃくちゃハマる味です。

でも、実は小川軒って1軒だけではなかったんです~!
レーズンサンドが大好きで何回か買っていたのに、別のお店の物を食べていた事に全然気づきませんでした。
でも、よーく味わってみると各店舗のレーズンウィッチは食感や風味が全然違っています。


東京の小川軒は4軒あった!

・代官山 小川軒
・小川軒 新橋・目黒
・御茶ノ水 小川軒
・鎌倉小川軒

なんて紛らわしいんだ~!

小川軒は元々同じレーズンサンドを3店舗で売っていて、のちに3兄弟でそれぞれのお店で焼くようになった、のれん分けしたお店なんですね。鎌倉小川軒だけは神奈川だし、兄弟ではなく遠い親戚との噂も?

4つお店にはすべて「小川軒」の名前が付き、レーズンサンドは形やパッケージがそっくり。
表の包み紙や箱の色は違うものの、フタを開けたらあまり区別がつきません。
もらってパッと食べただけでは違いには気づかないかもしれませんね。

見た目は似ていてどれもおいしいんですが、実は味にお店の個性が出ているんですよ。


レーズンウィッチは店舗によって味が違う

レーズンウィッチはすべてのお店の物が透明のフィルムで個包装されて、文字や絵が茶色(御茶ノ水だけ薄めの茶色)で書かれています。

ぱっと見、同じにしか見えないでしょ!(ワザとなの?)

大きさはほぼ同じくらいかな?それぞれ微妙にクッキーの分厚さ、レーズンの量の違いはありますが、一番違うのはやっぱり味ですね。クッキー生地の食感とレーズンの味に個性があります。

本当は4店舗あるんですが、代官山のレーズンウィッチだけどうしても手に入れられなかったので、とりあえず3店舗食べ比べしてみました。


巴裡 小川軒 新橋・目黒 レイズンウィッチ

10個入 1,100円(税抜)

私が初めて食べたのが、新橋・目黒のレイズンウィッチでした。小川軒のレーズンサンドにハマったきっかけになったほどおいしくって忘れられなくなりました。六花亭マルセイユのバターサンドも大好きだけど、小川軒のレイズンウィッチの方が好み。

クッキーは分厚くてサクサク、六花亭のようにしっとりはしてないですが程よい水分量のあるちょうど良い食感です(日にちが経つと徐々にしっとりしてきます)両面にスライスアーモンドが散りばめられています。

ほんのり洋酒の香りがしてふっくらみずみずしいレーズンが大量!
バタークリームは結構バター感がありますが、全部一緒に食べるとアッサリ感じした。

新橋・目黒小川軒のレイズンウィッチは、お酒が苦手な私でも気になるほどの強い香りではなく(子供にはやっぱり感じますが)、食べ応えのあるバランスの良いレイズンウィッチでした。強い味がしないのでもう1個食べたくなる感じ。

あ~、おいしいっ!もう1個食べたい!


御茶ノ水 レイズンウィッチ

10個入り  1,296円

御茶ノ水は、かなりの大人味。
ネットの口コミでは、小川軒の中で一番人気ともありましたが、お酒が苦手な私には少しキツかったです。間違っても子供には与えたくないくらいのラム酒の香り。レーズンがたっぷりなので必然的に香りが強いですね。

ダンナはここのが一番好きと言っていたので、甘い物苦手な男の人やお酒好きな方には好評だと思います。

クッキー生地は小川軒の中でもしっとり感がありました。六花亭のバターサンドに一番近いかもしれませんが、もう少しクッキーがサクサクしてサッパリタイプです。


鎌倉小川軒 レーズンウィッチ

10個入り 1,393円(税込)

食べているとクッキーがボロボロこぼれてきて、水分が少し少な目な生地でサブレに近いです。クッキー生地も少し分厚い感じもします。

洋酒の香りはあまりなく誰でも食べやすいです。クリームはそれほど特徴がないかも。

他の小川軒では冷蔵保存なんですが、鎌倉だけは常温保存でOKです。他の店舗に比べると多少フレッシュ感に欠けるかな?と思いますが、常温で良いのでお土産などには便利ですね。

新橋・目黒の小川軒レイズンウィッチが気に入って、東京駅で2回買ったんです。「おいしい~」っと何の疑いもなく新橋・目黒のものだと思い込んで食べてました。
2回目に買った時に常温保存可能なのとクッキーがサブレっぽい感じに気が付いて、おかしいな~?と・・・ここで初めて小川軒が4件あるって気づきました。
見た目が似てるので、食べ比べしなければ分からないと思います。
鎌倉が一番店舗が多くてデパートや東京駅でも売っているので簡単に手に入るのでいつでも食べられます。5個入から買えるのもお値打ち感あります。


レーズンウィッチ 10個入り

鎌倉小川軒の記事はコチラでも↓
【東京土産】鎌倉小川軒のレーズンウィッチとカステラを食べた感想


代官山 小川軒

小川軒元祖のお店で、ここから3件の小川軒がのれん分けをしたそうです。

レーズンが多くて、味も一番バランスが良いとの口コミなので、やっぱり元祖の小川軒のレーズンウィッチを一度食べてみたいんですが、なかなか手に入らないプレミアレーズンウィッチなんです。


まとめ

4店舗あると言っておきながら、まだ3店舗の食べ比べしかできてませんが、その中で私が一番おいしいと思ったのは、新橋・目黒です。あまり洋酒の香りが効いてなくて、クッキー生地が程よいサクサク感とバターを食べているかのようなクリームのバランスが気に入りました。
鎌倉も非常に似てるんですが、比べてみると少しパサつきやクリームが軽い感じがします。でも東京駅やデパートでも売っているので気軽に買えるのがうれしい。

小川軒のレーズンウィッチ六花亭のバターサンドとは完全に別物ですね。六花亭はかなりのしっとりクッキー生地にラム酒の香りとバターたっぷりの濃厚なクリームがリッチです。
友達に「小川軒のレーズンウィッチおすすめだよ」って教えたら、六花亭の方が好みだったらしいです。私は食べごたえがあり、アッサリしているので小川軒派ですが。

レーズンサンドについての他の記事はコチラ↓
【横浜土産】かをりのレーズンサンドの感想と小川軒や六花亭との違いは?


六花亭 マルセイバターサンド 10個
スポンサーリンク

シェアする

フォローする