浅草名物「亀十」のどら焼きが名古屋で買えるので行ってきた!

浅草にある「亀十」
大きくて素朴などら焼きが有名な超人気店です。


浅草 亀十のどら焼き

浅草にある亀十では、どら焼きの他、モナカやきんつばなどの小豆を使った和菓子、お菓子などが売っています。

亀十のどら焼きは、普通のツルンとしたものではなく、素朴でフワフワした大きなものです。
見た目がめちゃくちゃおいしそう!ってわけでもなく、1個360円とちょっと高いし、有名って知らなかった私は試しに1個だけ購入して、後で後悔することに・・。

フカフカでペロリと1個食べられるウマさだった!
なんで1個しか買わなかったの?私ってバカ~~!


名古屋で「亀十」のどら焼きを買う方法

亀十のどら焼きはネット購入はできないので、現地へ行って買うしかないのか・・・と諦めていたら、なんと名古屋で買えるらしい。
マジっすかーーー!


買えるのは、松坂屋本館地下1階の和菓子を販売している「旬菓彩々」
銘菓のお取り寄せ商品が買えるセレクトショップです。
全国や東海地方の有名な和菓子が少しずつ並んでいます。


デパート内に入っていない有名店舗の和菓子が、曜日限定で買う事ができます。

火曜日:川口屋(季節の生菓子)・芳光(わらび餅)
木曜日:まつ月(わらび餅)・不朽園(菊最中)
金曜日:亀十(どら焼き)・川口屋(季節の生菓子)
土曜日:大口屋(麩まんじゅう)・不朽園(菊最中)
日祝日:まつ月(わらび餅)


亀十のどら焼きは「毎週金曜日12時から限定」で買えます。
事前予約もできるようですが、私は本当に売ってるのか半信半疑だったので、現地に直行!

本当に売ってる!
毎週金曜日12時より おひとり様10個まで

11時半過ぎに着いたんですが、ここだけ7~8組ほど 行列ができていました。

販売開始15分くらい前にお店の人が個数確認をしに来ました。
小豆と白あんの2種類で、10個までお願いできます。個数を言ったので確保できたようで安心です。
でもお店の個数確認だけのようで、販売時にまた個数をちゃんと言わなきゃいけませんが・・・

販売は、12時5分くらい前から始まりました。
無事に小豆のどら焼き5個をゲット!
めっちゃ嬉しい~!


販売開始前には私の後ろにあまり人が並んでいなかったんですが、買った後に振り向くと行列が長くなっていました。
販売個数を確認し忘れちゃったけど、確実に買いたい方は、予約か販売前に並んだ方が良いです。

名古屋で買うと賞味期限が短い

浅草で買ったどら焼きは、製造日に買えるので賞味期限が買った当日含めて3日ありました。
名古屋で買うと前日製造のものになるので、賞味期限は買った当日含めて2日になります。なので、翌日までに食べないといけません。
もっとたくさん買いたかったけど、傷ませたくなかったので、今回は5個だけ。
4人家族で次の日までに食べきっちゃった。
冷凍してもいいかもしれないけど、食べたくなったらまた金曜日に買いに来ようと思います。

どら焼きは甘さ控えめでおいしい!

表面の色がムラになっていて、とっても素朴な見た目ですが、普通のどら焼きと全然違います。
パンケーキのようにふっくらやわらかな生地に、甘さ控えめの小豆がとってもおいしい!
大きいけどペロッと食べちゃえます。

亀十の詳しい生地はコチラ
浅草 「亀十」のどら焼きは大きくてもペロリと食べられるおいしさ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする