五島列島の「鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー 五島豚なんこつ」が本気のおいしさだった

長崎の五島列島にある「長崎五島ごと」
五島列島の自然の恵みをおいしい商品にして販売している会社です。

こちらのメイン商品でもある、
「五島の鯛で出汁をとったなんにでもあるカレー」を頂きました。

見た目、レトルトカレーとは思えない可愛らしいパッケージ。

パッケージ、パンフもこだわりを感じます


味のラインナップは、5種類。
・プレーン
・チキン
・ビーフ
・チーズ
・五島豚なんこつ

どれも鯛の出汁が入った、普通のカレーとは違う味わいです。

今回いただいたのは、「五島豚なんこつ」
一番高級品です。

袋が普通より大きめで、真ん中がポコッと膨らんでいます。
大きな具材が入っているようです。

作り方は普通のレトルトカレーと同じで、お湯で5分か、お皿にあけてレンジ加熱もOK。
簡単にお湯で温めました。
袋を開けようと思ったんですが、切込み入ってるのに手じゃ切れない。丈夫なパックに入ってます。こんなところにも少し高級感を感じてしまった。

お皿にカレーを入れまーす。

トロトロ~
ドボッ!

急にドボン!と大きな塊が。。。

これが、豚なんこつ!?


デカ過ぎやろ~!

まさかレトルトでこんなに大きな具材とは!
1個だけだけど、インパクトはあります。
他の具材は、ルーに溶け込んでトロッとしたトロミ感。


では、いただきます。

色が少し黄色っぽいので、あまり辛くないだろうと思ったとおり、口に入れた瞬間は「甘い?やっぱり辛くない」
子供用のカレーかな?と思うくらいのまろやかさでしたが、だんだんピリピリしてきました。

「鯛で出汁をとった・・・」の名前の通り、魚のダシの味がしっかりします。子供でも感じられるくらいのダシの強さです。
食材の自然な甘みと後味ピリっとする刺激は、和食を食べてるみたい。
刺激の強い香辛料は使われておらず、まさしく日本のカレーです。
いつものカレーとは違う優しい味で、食べ進めるとおいしさが増してきました。


そして、お楽しみの「豚なんこつ」
スプーンでサクッと切れて、なんこつだけかと思ったら、周りにちゃんとお肉部分もついていて食べ応えがあります。
身も骨も柔らかくトロけます。
家族全員、絶賛のおいしさ!


「鯛の出汁のカレー」ってどんな味なのか不思議だったけど、魚のダシってカレーに合うんですね。
まろやかで主張しすぎない味で、「カレーソースとしてお使いください」とパンフレットに書いてありました。
レシピも入っていて、グラタンやカレースパゲッティなどアレンジして使えるのも便利ですね。

レシピもおしゃれ~

プレーンなら1袋110円なので、かなりお値打ちです。
豚なんこつは、1袋498円と少しお高めですが、豚なんこつがめっちゃおいしかったので、価値ありです。もう一度食べたいな~

お取り寄せで食べたいカレーでした。


長崎五島 ごとファンサイト参加中
スポンサーリンク

シェアする

フォローする