【東京土産】実は4店舗あった!とりあえず小川軒のレーズンウィッチ3店舗食べ比べレポート

スポンサーリンク

東京のレーズンウィッチを扱う小川軒、実は4軒あったんですね。

ダンナに「東京は、レーズンウィッチが有名らしい」と頼んで買ってきてもらったのが3年前だったんですが、その時は新橋で買ったそうです。それがめちゃくちゃ美味しくって忘れられなくなりました。

その1年後に自分が東京へ遊びに行ったときに東京駅でも見つけて買い、また最近ダンナが出張の際に東京駅で買ってきてもらいました。

その時にダンナが「新橋ではレーズンウィッチが冷蔵庫に入っていたのに、東京駅では常温だった」と言うんです。

それを聞いて食べたら、なんかクッキー生地がボロボロこぼれてきて、初めて食べた時はもう少しシットリしてた気が…?

あれ・・・もしかして別物!?

自分で東京駅で買った時は同じものだと思い込んでいて、嬉しくって気にせず食べてたので、まさか別店舗のお店が存在するなんて全然気づきませんでした。

どこのレーズンウィッチが一番おいしいのか?これは食べ比べてみたい!

東京の小川軒は4軒あった!

代官山 小川軒

小川軒 新橋・目黒

御茶ノ水 小川軒

鎌倉 小川軒

なんて紛らわしいんだ~!

でも実は、元々1軒で、のちに3兄弟でそれぞれ持った、のれん分けしたお店なんですね。鎌倉小川軒だけは神奈川だし、兄弟ではなく遠い親戚との噂も?

4つのレーズンウィッチは形やパッケージがそっくり。表の包み紙や箱の色は違うものの、フタを開けたら区別がつきません。もらってパッと食べただけでは違いには気づかないかもしれませんね。

でも、実は味にお店の個性が出ているんですよ。

レーズンウィッチは店舗によって味が違う

レーズンウィッチはすべてのお店の物が透明のフィルムで個包装されて、文字や絵が茶色(御茶ノ水だけ薄めの茶色)で書かれています。

ぱっと見、同じにしか見えないでしょ!(ワザとなの?)

大きさはほぼ同じくらいかな?それぞれ微妙にクッキーの分厚さ、レーズンの量の違いはありますが、一番違うのはやっぱり味ですね。クッキー生地の食感とレーズンの味が個性があります。

本当は4店舗ですが、とりあえず3店舗食べ比べしてみました。

巴裡 小川軒 新橋・目黒 レイズンウィッチ

私が初めて食べた新橋・目黒は、サクサクしてるけど程よい水分量でレーズンにはラムの香りはほぼなく、お酒が苦手な私の好みでした。六花亭のバターサンドしか食べた事なかったので、サッパリした食べ心地にもう1個食べたくなる感じ。

あ~、おいしいっ!やめられない!

鎌倉 小川軒 レーズンウィッチ

鎌倉のは「お菓子の家」と書かれています。

2回目・3回目に買った鎌倉は、初めて食べた時はてっきり新橋・目黒と同じものだと思い込んでいたため何の疑いもなく「おいしい」と食べてました。でも2回目は「この味だったけ?」と気づいたら、味に違いがある気が・・・クッキーがボロボロしていて水分が少し少な目なのでサブレに近いと思います。

 

十分おいしいけど、1個食べたら満足~

御茶ノ水 レーズンウィッチ

御茶ノ水は、かなりの大人味。

 

ネットの口コミでは一番人気ともありましたが、私は苦手でした。。。間違っても子供には与えたくないくらいのラム酒の香り。

ダンナは3つの中で一番好きと言っていたので、甘い物苦手な男の人やお酒好きには好評だと思います。私の舌はお子様なので・・・

クッキー生地は鎌倉よりもしっとり感がありました。

それにしてもラム酒きつすぎ~!半分で満足。。。

小川軒のレーズンウィッチ六花亭のバターサンドとは完全に別物ですね。六花亭はかなりのしっとりクッキー生地にラム酒の香りとバターたっぷりの濃厚なクリームがリッチです。友達に「小川軒のレーズンウィッチおすすめだよ」って教えたら、六花亭の方が好みだったらしいです。私は食べごたえがあり、アッサリしているので小川軒派ですが。

次回は一番バランスが良いと噂の代官山を制覇したいと思います。

まとめ

4店舗あると言っておきながら、まだ3店舗の食べ比べしかできてませんが、その中で私が一番おいしいと思ったのは、新橋・目黒です。

気軽に買えるのは、鎌倉 小川軒。東京駅やデパートでも売っています。5個入りから買えるので気軽に味見もできますね。ただ、4つの店舗の中では口コミは最下位。でも食べ比べなきゃ分からないレベルだし、これはこれでおいしくて好きです。

ラム酒の香りが好きな人は、御茶ノ水をおすすめします。

鎌倉以外のお店は店舗が少なく「売切れ」の場合もあるので、入手は困難です。

代官山のレーズンウィッチが手に入ればまたレポしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク