【台北グルメ】西門町で行列グルメはハズせない。幸福堂に阿宗麺線など行列店に行ってみた。

台湾の原宿と呼ばれている西門町
若者向けのファッションビルや飲食店があり、賑わっています。
広い範囲に店舗があるので、道が激混みってことはないですが、人気のお店の前には行列ができているので、グルメとショッピングを楽しみたい人には一石二鳥のぴったりの場所です。


幸福堂

黒糖ミルクタピオカが有名メニューの幸福堂に行ってきました。
台湾の黒糖ミルクタピオカで一番人気とも言われていて、行列必至のお店です。
西門町には3店舗あるので、ショッピングの途中に遭遇する確率が高いです。

西門町の幸福堂で一番混んでいるのが、幸福堂全球旗艦店

ユニクロやスポーツショップなど大型店がひしめく西門町の中心地で、広い通りの角にある大型店舗なのですごく目立っています。
黒糖タピオカのオブジェがあったり、手打ちそばのお店のようにタピオカを手作りしている様子がガラス越しに見えます。
この日は、雨なのに10mくらい並んでいました。30分じゃ買えないんじゃないかな?

私たちが買った台北成都店は、ほぼ待ちなく買えました。

細い路地沿いの小さな路面店舗ですが、やはり人気があって常にお客さんが買っていて、私たちの後は少し行列ができていました。 幸福堂全球旗艦店に比べたら空いているし、西門町から一番近いお店なので便利です。

ミルクティ50元 黒糖ミルク80元

同じ商品を扱っているから同じ味だと思うんだけど、これだけ行列の違いがあると「何か違うんじゃないか?」と思えてしまいますね。
噂には、1つ1つ作るのにこだわりすぎて提供が遅いのが理由とも?
日本でもまだ店舗が少なく値段は倍以上するので、台湾に来たらぜひ飲みたいドリンクです。
タピオカミルクティーの味は薄め、やっぱり黒糖ミルクがおいしかった。


阿宗麺線

西門町のB級グルメを食べるなら阿宗麺線はハズせません。
「モツの入ったドロドロスープの素麺」と聞いていて、どんな味なのか想像つかなくて、ちょっと怖いな。。。と思ったけど、ものすごい人気なので食べてみたい!

お店の前にはたくさんの人が、カップに入った麺を立ち食いしています。
行列に並んだんですが、提供がすっごく早いのであっという間に自分の番が来ました。お金を払って隣のカウンターへ移動するとすぐに商品が出てきて、お釣りをしまっているヒマがないくらいの超スピード(笑)
友達はレジでパクチーがいるかどうか聞かれたようなんですが、私は聞かれた記憶がなくて上にちょこんと乗っていました。ほんの少しなんで、私はあっても大丈夫だったけど。

メニューは大70元(約270円)と小55元(210円)の2つ。
大小の差はずいぶんありますが、小でもかなりの量です。さすがに私一人で大は無理だな。子供2人と3人で小2つを分けました。

これで小サイズ

見た目は、効いていた通り「モツの入ったドロドロスープの素麺」です。
カツオのダシがすっごく効いたおいしいスープで、日本人ウケする味。にゅう麺みたいでツルツル食べられ、モツは柔らかく煮込まれていてクセやニオイは全くないです。見た目も気持ち悪くないので、内臓系苦手な子供達でも気にせず食べてました。
これは台北に行ったら絶対またリピートする~ほどおいしかった!


幸春三兄妹

温かいものを食べた後は、サッパリ冷たいデザートが食べたくてかき氷のお店を探しました。
マンゴーかき氷が食べたいとのリクエストで、三兄妹へ。
店舗の前には白いゴーヤが山積みになっています。
結構人が吸い込まれていくように入って行くし、お店は狭いかな?と思ったけど、地下にもスペースがあるのでかなりの人数が入れます。

ただ、おしゃれじゃない・・・というより怖い。
壁一面にお客さんの落書き?があり、見てると(自然に目に入っちゃう)恐怖を感じます。子供たちは怖がって壁に背を向けて座っていましたが、とにかく落ち着かない空間でした。

私は3番人気のアイスクリームが乗ったマンゴーかき氷。
フワフワミルク味のかき氷の上にマンゴーアイスとマンゴー。
大きさも2~3人でシェアできるくらいなので、ボリュームはあります。
かき氷はやっぱりおいしいね~
でも、思慕昔に比べるとおしゃれ度や味は落ちるかな?



本当は、天天利で魯肉飯を食べる予定でしたが、なぜなの?お休みでした。
こちらも大人気のお店なので、絶対に行きたかった・・・

ちょっとハズれた路地にあったお店。
「名古屋 ナマカシ」と書いてあります。皮に餡が入ったお菓子を売っているようです。

私は名古屋人ですが、名古屋のお菓子ではないですね~
「ナマカシ=生菓子」でしょうか?
お店のおばちゃんは日本語も英語も通じないけど、「私たち名古屋!」って言いながら興味深くのぞいていたら、笑って挨拶してくれました。
興味はあったけど、買わなくてごめんなさい。

半日くらい滞在していましたが、西門町エリアは広くてまだまだ行き足りてません。
牛肉麺の有名なお店が集まる所へも行きたかったし、ショッピングもしたかった。
原宿のように若者限定な町ではなく、誰でも気軽に観光できます。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする