【台北土産】コンビニで売っている「純粹。喝(ジュンスイホ)」 ミルクティーが濃厚でおいし過ぎた

台湾はミルクティー王国。
毎日飲まないと気が済まない私には、天国のような国です。

コンビニには日本と同じようにペットボトルや紙製品のドリンクが売っていますが、その中で見た目の可愛さに目を惹かれるボトルがあります。
「濃厚 系」と書かれています。

コンビニ限定のミルク系ドリンク「純粹。喝(ジュンスイホ)」

「濃厚 系」とかかれた細長いパステルカラーのボトルに入っています。

何種類かあって迷ったんですが、私はベーシックなベージュボトルのミルクティーと紫色のセイロンミルクティーを買ってみました。

ミルクティー

ミルクティー色のベージュボトル。

めっちゃ濃厚~!本格的なロイヤルミルクティーだわ!
茶葉がしっかり牛乳で煮出してあり、甘いけど甘ったるい感じではないです。
紅茶も濃いし、ミルク感も強い。
紅茶とミルクのバランスが良い、すっごくおいしいミルクティーでした。

日本のミルクティーのペットボトルは紅茶が薄めでミルク感もそれほど強くないアッサリ系が多いので、ここまで主張の強さがあると高級感があります。

300mlくらいしか入ってないので、あっという間に飲み干してしまいました。

セイロンミルクティー

紫色のボトルに入っています。

さらに紅茶が濃厚!ベージュボトルのミルクティーよりも、茶葉がしっかり煮出されてます。

かなり濃い色をしています

ミルク感よりも紅茶の味が強い、ちょっとストロングテイストで大人向けの味。
こんなにキリっとしたミルクティーなんて初めて。
ちゃんと甘いし、これもおいしいです!
毎日飲むなら、少し味が強いのでミルクティーの方がいいな。

裏側にはなぜか韓国語。
韓国でも売られるようになったくらい人気の商品だそうです。

ジュンスイホは安い

台湾でジュンスイホのミルクティー(ベージュ)を持って歩いている日本人女子をよく見かけました。
日本人の間でも流行ってますね。
コンビニのドリンクコーナーに行くと、ひときわ目を引くパステルカラーの可愛さ。細長いシルエットも持ちやすくておしゃれですね。

ミルクティーだけでなく、カフェラテや抹茶ラテなどのミルクドリンクが揃っています。
全部揃えたくなるくらいのバリエーションです。

それも、値段が安い~!
1本28元(約100円)
私は意味が分からず2本購入したら、めっちゃ安かった。
「2件6折」って書いてあったんですが、実は「2本買ったら40%引き」だったんです。6折=6掛け=4割引き
ウソやろ~!

ジュンスイホにタピオカ入れたら、ゴンチャを超えるタピオカミルクティーが作れるんじゃないか?

台湾から帰る間際に買って、保冷剤を入れた保冷バッグに詰めて持って帰ってきました。(ハイ、最初からお土産にする気満々でした)
まだまだ他の味も飲んでみたいので、日本でも発売されたらいいのにな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする