【台北旅行】龍山寺駅地下の占い横丁で手相占いをしてきた

台北で占いをするなら、行天宮の占い横丁が有名ですが、今回は観光途中に寄りたかったので、龍山寺の占い横丁へ行ってきました。


龍山寺 占い横丁

命理が占いの事です

龍山寺駅の地下通路の奥の方の一角にひっそりとあります。
龍山寺に行く一番近いMRT出入口へ向かうエスカレーター脇の通路を奥に入ったところにあり、すぐに見つけることができます。
行天宮の占い横丁よりも龍山寺の方がお店が多いそうです。
1角のスペースに小さな占いブースがたくさん並んでいる所もあれば、個人的に店舗を持っているところもあります。


どうやってお店を選んだのか?

順番にお店の中をのぞいたり、外の広告を見ながら選んでいきます。
全部のお店に占い師さんがいるわけではないし、ご飯中の占い師さんも・・・(笑)
ターゲットは完全に日本人ですね。
「日本語OK」と大きく書かれていたり、日本語の説明、一番心を動かさせるポイントは有名芸能人のようです。
取材時の有名芸能人と占い師が一緒の写真を貼りまくり、特に綾瀬はるかが来たことをしきりにアピールします。占いをしている綾瀬はるかの後ろ姿写真、それ隠し撮り過ぎて本当に本人かわからないし・・・

値段も書いてないしどうやって決めれば・・・?
お店の前をウロウロしていると、日本語が堪能な占い師さんはすぐに出てきて、私たちに芸能人が来たアピールをしてきます。

一番最初に話をしたおじさん占い師は、ピアニストの辻井伸行が来たことをアピール。ちょっと心が動かされましたが、値段を聞いて「ちょっと高い」って渋ったら、「ほかの店は同じ値段だけどいい加減、やりたくないなら無理にやらなくていい」と威圧的な態度をしてきたので、言われた通りそのまま去りました。きっと強く言って俺の所はすごいんだぞアピールしたつもりだったんでしょう。。初心者には逆効果でしたね。

次に小さなブースが何件も連なっている所に行ってみました。

小さなお店がたくさん並んでいます

「あなたの名字を先生が当てます当たらなかったら占いは無料」と書かれた看板が気になります。

ここは入り口に日本語が堪能な案内の女性がいるので、いろいろ教えてもらえます。・・・が、先に女性占い師につかまってしまいました。
この女性占い師も日本語ペラペラで、日本のテレビに出たこと(占いをしたのは別の人)、芸能人を占ったことを猛烈アピール。
少し押し切られた感じで、結局この女性占い師にお願いを決めました。


手相占い

本当は四柱推命が一番詳しくて有名なんですが、1000元と軽くみてもらうには高いので、500元の手相占いにしました。
台湾は文鳥占いも有名で 文鳥がたくさんいました。 「鳥占いはすごく当たる!」と同じ値段だからと何度もすすめられましたが、文鳥が勝手に取ってくるのはおみくじと変わらないのでは?我が家は文鳥飼ってるからさすがに文鳥占いはねぇ~
手相の方が自分のものをみてもらう感じがしますよね?

でも500元というのはちょっと安過ぎる値段だったのか、しっかり手相を見て占いをしたって感じはしませんでした。値段によって時間を変えてくるのかな?

ブースに入ると、まず生年月日と生まれた時間を聞かれます。
パソコンに打ち込んで、悩みを聞かれます。
その後、私の両手を触って性格を当てていきますが、手相をしっかり見ている感じはしないような・・・?


占いの感想は?

正直、思っていた占いとは違っていましたが、 アトラクションに乗ったような感じで楽しかった!
占いとは、見えない将来を教えてくれるものだと思っていたんですが、今回の占いは「性格を当てる」ことがメインでした。
生年月日をパソコンに入力したら、基本的な性格が出てくるんですね。

「体の調子が悪いので、この先どうなりますか?」と聞いたら、「胃腸の調子が良くないね~」と当てられました。ここ数か月調子が悪くて病院に通って薬を飲んでいる最中だったんです。
そして、手を見て「あなたは考えすぎ!神経使い過ぎ。怒りっぽいね。」それも合ってます。
その後「でも怒ってもすぐに忘れちゃうから」と・・・
いいえ、私の怒りはタダじゃ収まりません、あまりにひどいと永遠に怒り続けます。決して怒ってすぐケロっとするタイプではないです。

中学生の息子も一緒に見てもらったんですが、半分合ってて半分違ってました(笑)
「大きくてキレイな学校に行くよ」それは当たり!息子は中高一貫校に通っていてすっごくキレイで大きい学校です。

全く違っていたのは「ひとりでいることが好きだね」
息子は超怖がりで今でも部屋で一人で寝ることはできず、何でも付いてきてほしいタイプ。(ゲームをしてる時だけ一人を好む)
「怖がりだからそれは違う」と言ったら、慌ててパソコンで調べなおしていました。

「彼女できますか?」って聞いたら、「このこはキレイな子が好きだから!結婚できるよ」と言い切ってくれました。
でもまだ好きな子もいないし、好みのタイプも分からず、好きな芸能人すらいない状態なんだけど・・・そうか~キレイな子が好きなのかぁ。。
占いする前に息子を見て「かっこいいね!」と褒めていたので、カッコいい男子=キレイな彼女という構図なだけで言ってるだけのような気もしないではないが・・・

一緒に占ってもらった友達も、う~ん。。。って感じだったらしいです。
彼女たちは親子で占ってもらって、二人とも「ゆらゆらしてる」って言われたらしいんですが、うちの息子も「ゆらゆらしてる」って言われました。
「ゆらゆら」って何?4人中3人が同じこと言われたーって大笑い。「ゆらゆら」っていろんな意味があるから、どうとでも取れるよね。

結局、私の健康は将来どうなるんだろう?息子の勉強は大丈夫なのか?疑問は残りますが、まったく知らない人に自分の事を当てられると大興奮してしまいました。
手相占いなのに、パソコン占いみたいになっちゃって、よくわからなかったけど、初めてだったので楽しかったです。

私みたいにアトラクション感覚でコミュニケーションを楽しみたい人にはおすすめできますが、悩み多き乙女には物足りないかもしれません。


占い横丁に行く注意点

本気で悩みを抱えて占ってほしい人は、ちゃんと良い先生を下調べしていってからそれなりのお値段を出さないと、これくらいの内容程度だと思われます。
ベテランの占い師は日本語が喋れなかったりするし、「日本語OK」でも日本語レベルは分かりません。

占い横丁は、お客さんが少ない(ほぼいない)ので、お店の前をウロウロしていたら絶対カモになるので覚悟して行ってくださいね。
結局、決め手は占い師さんの雰囲気や喋り方だと思うので、いろんな人と喋って決めていくのも楽しいです。
案内のお姉さんは親切で、いろいろ突っ込んだ話もしてくれるようなので選ぶ基準を教えてもらうのも良いです。

特に無理強いやボッタクリはないと思いますが、金額や内容は事前にちゃんと話し合っておくべきですね。

占いをする気がなくても、ここはちょっと独特の雰囲気を醸し出していて面白いので、寄って話を聞くだけでも雰囲気が味わえますよ。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする